イベント情報はこちら

チャレンジきっぷ

NEWSALL

大会概要

OUTLINE

大会概要
名称
横浜マラソン2017
開催趣旨
スポーツ振興や健康増進に寄与し、経済波及効果やシティーセールス効果が期待できる「する、観る、支える」すべての人が楽しめる大会を目指します。
開催日
2017年(平成29年)10月29日(日)
主催
横浜マラソン組織委員会
大会プロデューサー
坂本雄次
主管
横浜市陸上競技協会
大会スポンサー
【横浜マラソン2016実績】
JXエネルギー株式会社(ENEOS)、株式会社ローソン
株式会社アマダホールディングス、日産自動車株式会社、ミズノ株式会社
株式会社横浜銀行、株式会社フォトクリエイト、株式会社杉孝、株式会社京三製作所
リスト株式会社、日清オイリオグループ株式会社、第一生命保険株式会社
カシオ計算機株式会社、株式会社ファンケル、東急グループ、アクエリアス
株式会社エクシオジャパン、キリンビール株式会社、株式会社横浜岡田屋(モアーズ)
大会サポーター
【横浜マラソン2016実績】
東日本電信電話株式会社、古河電池株式会社、富士ゼロックス株式会社
富士ゼロックスアドバンストテクノロジー株式会社、富士通株式会社 神奈川支社
株式会社ありあけ、スポーツショップ GALLERY・2、タカナシ乳業株式会社
株式会社フラックス、すてきナイスグループ株式会社、フクダ電子株式会社
株式会社城山、株式会社野毛印刷社、カリフォルニア・レーズン協会
プライムケア東京株式会社、フレッシュ・デルモンテ・ジャパン株式会社
株式会社ドコモ・バイクシェア
大会ジュニアサポーター
【横浜マラソン2016実績】
泉陽興業株式会社 よこはまコスモワールド
運営協力
横浜市スポーツ推進委員連絡協議会
協力
【横浜マラソン2016実績】
首都高速道路株式会社、日産グローバル本社、相鉄グループ、京浜急行電鉄株式会社
横浜高速鉄道株式会社、株式会社横浜シーサイドライン、パシフィコ横浜
クイーンズスクエア横浜、横浜ランドマークタワー、横浜ベイクォーター
横浜アートグレイス・ポートサイドヴィラ、横浜美術館、横浜人形の家、横浜ラポール
ハクビ京都きもの学園、宮本土木株式会社、(-社)横浜南部市場管理協会
(独法)国立海洋研究開発機構、(公財)横浜市緑の協会、横浜市交通局、横浜市水道局
横浜市消防局
後援(予定)
文部科学省、観光庁、朝日新聞社、(公財)日本体育協会
競技規則
本大会の大会規定および日本陸上競技連盟競技規則を準用する。
種目
フルマラソン(42.195km)
※その他の種目については調整中
コース
フルマラソン(42.195km)
※その他の種目については調整中
みなとみらい大橋~横浜市中央卸売市場本場~パシフィコ横浜~横浜赤レンガ倉庫~横浜税関~神奈川県庁本庁舎~横浜開港記念会館~日本大通り~横浜スタジアム~横浜市庁舎~横浜中華街(玄武門)~山下公園~三溪園・本牧市民公園~根岸駅前~横浜南部市場(折り返し)~首都高速湾岸線(杉田~本牧ふ頭)~横浜港シンボルタワー~山下公園~大さん橋~横浜赤レンガ倉庫~パシフィコ横浜
コース

COURSE

コース

フルマラソン(42.195km)※その他の種目については調整中 みなとみらい大橋~横浜市中央卸売市場本場~パシフィコ横浜~横浜赤レンガ倉庫~横浜税関~神奈川県庁本庁舎~横浜開港記念会館~日本大通り~横浜スタジアム~横浜市庁舎~横浜中華街(玄武門)~山下公園~三溪園・本牧市民公園~根岸駅前~横浜南部市場(折り返し)~首都高速湾岸線(杉田~本牧ふ頭)~横浜港シンボルタワー~山下公園~大さん橋~横浜赤レンガ倉庫~パシフィコ横浜

募集人数・参加料

APPLICATION

募集人数・参加料
募集人数・参加料 募集人数・参加料

※その他の種目については調整中