横浜マラソン2015 | 横浜を走る、世界が変わる。

横浜を走る、世界が変わる。

横浜マラソン2015
コース詳細

B突堤入口~山下橋~山下公園通り~開港資料館

「B突堤入口」交差点を過ぎてからは、往路に通った道を戻ります。「本牧橋」の取付け、37.8km地点が、「第10関門」「第17給水関門」です。関門を通過できなかったランナーは、この橋を渡り、待機しているバスに乗車します。ここには、往路の「第4小港救護所」があります。

ここを通過後、約1.4kmで、10km・10km車椅子の種目との分岐点、「山下阜頭の入口」です。ここには、「第11関門山下ふ頭入口」と「第3山下救護所」があります。

山下橋を過ぎると行きに通った、横浜らしい景色が両側に広がってきます。また、多くの応援者が、ランナーの背中を更に押してくれることでしょう。ここまで来れば、もう少し、頑張っていきましょう!

マリンタワーを過ぎて直ぐに、歩行者横断ポイント(ランパス)があります。ランナーは、道路の中央に設けた歩行者待機エリアの左右を、スタッフの指示で、走路を左右交互に変更し走行することになります。これを繰り返すことで、歩行者の道路横断が可能になります。(磯子区=不動下、根岸駅前と同様、「コース横断員」の指示に従ってください)このランパスポイントは、この先2箇所あります。お疲れのところ誠に恐縮ですが、ご協力をお願いします。

「大桟橋」へ向う交差点「開港広場」のカーブを通過して直ぐの「開港資料館前」の交差点信号付近に、「ランパス地点」があります。神奈川県庁(キング)が、左側に見える交差点で、日本大通りが突き当たるT字路の所です。この辺りが、約40km地点です。

トップ > コース > B突堤入口~山下橋~山下公園通り~開港資料館
SPONSOR
  • JX日鉱日石エネルギー株式会社(ENEOS)
  • 株式会社ローソン
  • 株式会社アマダ
  • 日産自動車株式会社
  • ミズノ株式会社
  • 株式会社横浜銀行
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 株式会社 杉孝
  • 株式会社京三製作所
  • リスト株式会社
  • 日清オイリオグループ株式会社
  • カシオ計算機株式会社
  • 株式会社ファンケル化粧品
  • 東急グループ
  • コカ・コーラ
  • 株式会社エクシオジャパン
  • キリンビール株式会社
  • スカイゲイト株式会社
  • 株式会社横浜岡田屋(モアーズ)
  • SPONSOR LIST
SUPPORTER
  • NTT東日本
  • 古河電池株式会社
  • 富士ゼロックス株式会社
  • 富士通株式会社 神奈川支社
  • 株式会社 ありあけ
  • スポーツショップ GALLERY・2
  • 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン
  • 株式会社城山
  • フレッシュ・デルモンテ・ジャパン株式会社
  • 株式会社野毛印刷社
  • カリフォルニア・レーズン協会
  • プライムケア東京株式会社
  • SUPPORTER LIST